家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器はいろんな面でメリットもたくさんありますが、デメリットもありますので考慮しておかなければいけません。
家庭用脱毛器のデメリットは、初期投資費用・維持費は自分持ちということです。現在販売されている一般的な家庭用脱毛器は、平均して本体価格が5~10万円くらいです。効果が高くいいものは15万円以上するものまでありますから、最初の出費はかなりのものになります。クレジットで、分割などという方法や、商品によって分割払いOKという商品もありますので、利用されればいいかと思います。しかし、もし使用方法を誤って熱線が肌に当たって火傷した、毛穴にばい菌が入って炎症を起こしたなど、また、脱毛器の光線は黒いものに反応するようになっていますので、間違ってホクロとかキズぐちなどに照射してしまい炎症を起こしてしまうなど、万が一に備えてその対応を考えておきたいです。それらのトラブルはすべて自己責任ですからね。あと一つ物理的に脱毛できない部分がるということです。脱毛できない部位というのはどういう部分かといいますと、背中の部分とか、おしりの後ろとか物理的にできない部分があります。脱毛器によっては、顔の脱毛やIライン、Oラインなど脱毛を禁止している脱毛器があります。特に、顔の部分は、レーザー光線が芽に直接入った場合に、失明する危険もあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です