髪の健康を保つためには頭皮を清潔に保つ必要

石油合成系シャンプーは頭皮や髪を傷める原因になります。なるるくなら、植物系の天然成分のシャンプーを使うのがいいでしょう。石油合成系シャンプーは シャンプーをきれいに洗い流したつもりでも、微量のシャンプーが皮膚に残り、頭皮に浸透しますので、頭皮に炎症を起こすことがあります。また、パーマや、さいきんの女性は多くの方が茶髪などのカラーリングをしていることが多いようですが、カラーリングに使う強い薬液は髪の内部に浸透したり、毛母細胞にダメージを与えたりと、 髪自体や髪の健康を保つ環境にとってかなりの悪影響が与えられます。
パーマやカラーリングも、強い薬液で頭皮が炎症を起こしたり、毛根に悪影響を与えることがあります。
おしゃれや衰えた髪を若返らせたように見せるために、パーマもカラーリングも必要とする方もいると思いますが、 それをすることで髪がハゲてしまわないよう、気をつけて欲しいものです。
最近はカラーリングも天然成分を使用したものも出回っていますので、なるべく石油合成系のものは使用しないほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です