「育毛」カテゴリーアーカイブ

髪の健康を保つためには頭皮を清潔に保つ必要

石油合成系シャンプーは頭皮や髪を傷める原因になります。なるるくなら、植物系の天然成分のシャンプーを使うのがいいでしょう。石油合成系シャンプーは シャンプーをきれいに洗い流したつもりでも、微量のシャンプーが皮膚に残り、頭皮に浸透しますので、頭皮に炎症を起こすことがあります。また、パーマや、さいきんの女性は多くの方が茶髪などのカラーリングをしていることが多いようですが、カラーリングに使う強い薬液は髪の内部に浸透したり、毛母細胞にダメージを与えたりと、 髪自体や髪の健康を保つ環境にとってかなりの悪影響が与えられます。
パーマやカラーリングも、強い薬液で頭皮が炎症を起こしたり、毛根に悪影響を与えることがあります。
おしゃれや衰えた髪を若返らせたように見せるために、パーマもカラーリングも必要とする方もいると思いますが、 それをすることで髪がハゲてしまわないよう、気をつけて欲しいものです。
最近はカラーリングも天然成分を使用したものも出回っていますので、なるべく石油合成系のものは使用しないほうがいいでしょう。

ストレスと脱毛の因果関係 

現代社会は、どこにいてもストレスがいっぱいで、たぶんストレスのない人なんていないのかもしれません。
しかし、通常の生活の中には立ち向かうべきストレスが少しはあったほうが良く、目的意識やモチベーションが上がり人を活動的にします。 そういった意味では少しのストレスのあるほうがいいのですが、 過度に強いストレスや長期的にストレスが溜まりすぎると健康が損なわれます。
現代の生活とストレスは切っても切り離せないものですので、ストレスが付きまとうのは仕方が無いことなのですが、 強いストレスや長期的にたまったストレスで自律神経が狂うと体の臓器や器官機能が低下します。
現代人のあちらこちらが痛いというのも、原因はストレスが多いそうです。
自律神経の変調は体全体の健康を損なう原因にもなりますし、もちろん毛細血管へ影響を与えますので、 やがて毛乳頭や毛母細胞も悪影響を受けてしまうことになります。
とうぜん、毛細血管に影響があれば、血圧にも影響して、動脈硬化、やがて心筋梗塞や脳梗塞の引き金にもなります。
これもよく言われることかもしれませんが、髪にストレスは悪影響です。 ストレス対策をすることが育毛になっていくことがわかっていただけると思います。

血行不良とハゲの因果関係

はげの原因には様々な原因があります。血液の状態によっても原因が作られることが、わかってきました。
サラサラの血液なら、血液が毛細血管をスムーズに流れます。栄養分は血液によって運ばれるので、 血脂肪値が高くてよくいうドロドロとした血液になると要注意です。血液の流れが悪いと毛母細胞まで栄養が行き渡りません。 そのようになってしまうと、育毛対策ができなくなります。
もちろん、育毛だけではなく、高血圧の原因にもなってきます。 血管が収縮し血液の流れが悪くなれば、体の細胞で最も活発に増殖を繰り返す毛母細胞はかなりのダメージを受けてしまいます。 毛母細胞は毛乳頭からの栄養受け取り増殖するのですが、その毛乳頭は、ちょっとしたことが原因で血行不良を招きやすい毛細血管から、 常に栄養補給を受けていますので、ストレスによる自律神経失調症で毛細血管が収縮されて血行不良が起こると、 毛乳頭は毛細血管から栄養をすい上げられず、結果として毛母細胞は毛乳頭からの栄養を受け取ることができません。
毛細血管が収縮するということで毛乳頭は栄養を断たれてしまい毛母細胞は増殖を停止するので 、健康な髪をつくることができなくなってやがて脱毛してしまいます。
脱毛を少しでも防ごうとすれば、血液サラサラになるものをたくさん取り、食生活に気を付けなければいけません。

 

男性ホルモンが関係するM字はげについて

はげは昔から、遺伝するとよく言われていますが、確かに、親が禿げていると子供も禿げているケースが多いようですが、本当に遺伝なのでしょうか?
男性ホルモンがかかわる典型的な脱毛症状に「M字ハゲ」と呼ばれる脱毛があります。
この脱毛は、こめかみの上から始まり、額の両端の生え際の後退によりM字形をした特徴的なパターンとなります。
また、最近よく言われるザビエルハゲのように頭のてっぺんから髪が薄くなり、だんだんと地肌が見えてくる脱毛症もあります。 どれも男性型脱毛症ですが、問題なのは 男性ホルモン、つまり5aDHT(ジヒドロテストステロン)を強力な若ハゲ物質【5aデヒドロテストステロン】 に変えてしまう5a-リダクターゼ(5aR)という還元酵素が関係しているそうです。
そして、【5aデヒドロテストステロン】は毛乳頭や毛母細胞に決定的なダメージを与えて、脱毛を著しく促進します。
【5aデヒドロテストステロン】は、最も強力な脱毛原因の一つで、 男性ホルモン(テストステロン)が皮脂腺でつくられた5aリダクターゼ(5aR)という還元酵素の反応によってできた物質です。
最近は女性であっても、ダイエットによる体の変調や、更年期障害やストレスなどを原因としてホルモンバランスがくずれ、 女子男性型脱毛症が発症するようになりました。