「血行不良とハゲ」タグアーカイブ

血行不良とハゲの因果関係

はげの原因には様々な原因があります。血液の状態によっても原因が作られることが、わかってきました。
サラサラの血液なら、血液が毛細血管をスムーズに流れます。栄養分は血液によって運ばれるので、 血脂肪値が高くてよくいうドロドロとした血液になると要注意です。血液の流れが悪いと毛母細胞まで栄養が行き渡りません。 そのようになってしまうと、育毛対策ができなくなります。
もちろん、育毛だけではなく、高血圧の原因にもなってきます。 血管が収縮し血液の流れが悪くなれば、体の細胞で最も活発に増殖を繰り返す毛母細胞はかなりのダメージを受けてしまいます。 毛母細胞は毛乳頭からの栄養受け取り増殖するのですが、その毛乳頭は、ちょっとしたことが原因で血行不良を招きやすい毛細血管から、 常に栄養補給を受けていますので、ストレスによる自律神経失調症で毛細血管が収縮されて血行不良が起こると、 毛乳頭は毛細血管から栄養をすい上げられず、結果として毛母細胞は毛乳頭からの栄養を受け取ることができません。
毛細血管が収縮するということで毛乳頭は栄養を断たれてしまい毛母細胞は増殖を停止するので 、健康な髪をつくることができなくなってやがて脱毛してしまいます。
脱毛を少しでも防ごうとすれば、血液サラサラになるものをたくさん取り、食生活に気を付けなければいけません。